CRA(臨床開発モニター)への転職

CRA(臨床開発モニター)への転職を考えた時に必要なものは何か?それは主にCRA(臨床開発モニター)の仕事内容の詳細や臨床開発業界の情報、自分の経験や持っている資格にマッチングした求人情報、実際に応募する時に必要な履歴書や職務経歴書などの応募書類、面接の準備に役立つ情報の4つだと思われる。

CRA経験者であれば今までの経験上、多少なりともCRA(臨床開発モニター)の業界や転職に関わる知識を持っていることが多いが、CRA(臨床開発モニター)に初めて転職するCRA(臨床開発モニター)未経験者にとっては、全く知らない業界に飛び込むことになるため、どうしたら良いか分からない場合も多いのだ。

では、以下にCRA(臨床開発モニター)に転職する際に必要だと思われる4つの事柄を見てゆこう。

1)CRA(臨床開発モニター)の仕事内容の詳細や、臨床開発業界の情報
CRA(臨床開発モニター)の仕事内容は、臨床開発や治験業界になじみがない方にとっては分かりにくいようだ。CRO、CRF、IRBなどの英語で略された専門用語も多く、文章を読むのにも苦労する場合が多い。特に調剤薬局で働く薬剤師や、病院で働く看護師、ラボで働く臨床検査技師にとってCRA(臨床開発モニター)の仕事内容を理解することはなかなか骨が折れることであるため、CRA(臨床開発モニター)への転職をスムーズに進めるにはCRA(臨床開発モニター)の仕事内容を分かりやすく説明した本やウェブサイト、CRA(臨床開発モニター)の業界情報や仕事内容に詳しい知人やコンサルタントが必要になる。

2)自分の能力やスキルにマッチしたCRA(臨床開発モニター)の求人情報
GoogleなどでCRA(臨床開発モニター)の仕事を探してみるとCRA(臨床開発モニター)の求人数は少なくないことが分かる。ところが、自分の能力やスキルにマッチした求人となると、意外なほどに少なく、適した求人を見つけるのに苦労することが多い。また、CRA(臨床開発モニター)の求人の多くはCRA(臨床開発モニター)・CRC(治験コーディネーター)経験者を対象としていたり、TOEICの点数が何点以上など、英語が使えることを応募条件としていたりするものが多い上、応募できる年齢もさまざまだ。よって、CRA(臨床開発モニター)への転職を成功させるためには、CRA(臨床開発モニター)の求人が豊富に掲載されている転職サイトの存在が不可欠であると言えるだろう。

3)応募する時に必要な履歴書と職務経歴書
CRA(臨床開発モニター)へ転職する際には履歴書と職務経歴書が必要となる。市販されている履歴書を利用する方は年々減っており、CRA(臨床開発モニター)への転職を検討されている方の多くはExcelやWordなどパソコンを使って各自で応募書類を作成しているようだ。また、履歴書や職務経歴書はただ単に作れば良いというものではなく、自分の能力や経験をきちんと企業にアピールできるように、見やすく分かりやすく丁寧に作る必要がある。そのため、上手な志望動機の書き方や、見やすい職務経歴書の作り方を教えてくれるウェブサイトや相談員が必要となる。

4)面接の準備をするために役立つ情報
CRA(臨床開発モニター)の面接の難易度は高いと言える。なぜなら、多くの企業では複数回の面接を設定している上、SPIなどの筆記試験が課せられることも多いからだ。また、面接で聞かれる質問も「なぜCRA(臨床開発モニター)になりたいか」「3~5年後にどのようなCRA(臨床開発モニター)になりたいか」など、答えるためにはしっかりとした準備を求められるものが多い。そのため、CRA(臨床開発モニター)の面接を突破するためには、面接対策について述べた本や、面接対策動画などを事前に見たり読んだりしておくのが好ましい。

以上のようにCRA(臨床開発モニター)へ転職するためには多くの情報やきちんとした準備が必要となる。その上で書類選考や面接の際に各々の能力やスキルが試され、コミュニケーション能力が高く、CRA(臨床開発モニター)になりたい意欲が高い方だけがCRA(臨床開発モニター)へ転職することができると言えるだろう。

CRA(臨床開発モニター)への転職 - CRAsearch(CRAサーチ)
おすすめ

CRA(臨床開発モニター)・CROの求人・転職は《CRAばんく》

《CRAばんく》は臨床開発モニターの求人・転職に特化した「アンケート謝礼金」がもらえる求人サイト。大手CRO、中小CRO、製薬企業の求人まで幅広くカバー。年収査定、合格予想、応募書類添削、面接対策、口コミ情報なども充実!
https://cra-bank.com/ - CRAばんく

CRA(臨床開発モニター)-臨床開発の転職・求人情報

CRA(臨床開発モニター)-臨床開発の転職・求人情報ページ。パーソルキャリアが運営する転職サイトのdoda(デューダ)では、大手・優良企業を中心に豊富な求人情報を掲載中。エージェントサービスでは、キャリアアドバイザーが、非公開求人のご紹介など、あなたの転職を成功に導くお手伝いをします。 - 人気の記事
https://doda.jp - doda

CRA(臨床開発モニター)の転職・求人

CRA(臨床開発モニター)の転職・求人情報。製薬メーカー・CROの求人を網羅。高給与・領域指定・残業少なめなど、希望の求人が見つかる。CRA未経験の転職支援も提供。
https://answers.ten-navi.com/ - Answers(アンサーズ)

「CRO」企業・業界ランキング

CRO(開発業務支援機関)企業の一覧をランキング形式でご紹介しています。「7大グローバルCROグループ」から「国内大手CRO」「領域特化型CRO」まで、海外国内CROの「従業員数」「CRA数」「拠点数」「資本金」「売上」などの特徴が分かります。
https://cra-bank.com/croranking - CRAばんく - 人気の記事

CRA(臨床開発モニター)の業界研究

CRA(臨床開発モニター)の業界を12の項目に分けて詳細に説明しています。1)CRO企業・業界ランキング 2)製薬会社・業界ランキング 3)治験とは? 4)CROとは? 5)CROとSMOの違い 6)薬剤師の注意点 7)MRの注意点 8)看護師の注意点 9)検査技師の注意点 10)CRA経験者の注意点 11)治験用語集 12)新GCPとは?
https://cra-bank.com/gyoukaikenkyuu - CRAばんく - オススメの記事

CRA(臨床開発モニター)の履歴書・職務経歴書

CRA(臨床開発モニター)の履歴書・職務経歴書について10の項目に分けて詳細に説明しています。1)履歴書 2)入学・卒業年度早見表 3)志望動機 4)CRA経験者の職務経歴書 5)薬剤師の職務経歴書 6)MRの職務経歴書 7)看護師の職務経歴書 8)臨床検査技師の職務経歴書 9)保健師の職務経歴書 10)獣医師の職務経歴書 11)CRCの職務経歴書
https://cra-bank.com/rirekisyosakusei - CRAばんく

CRA(臨床開発モニター)の面接対策

CRA(臨床開発モニター)の面接対策を5つの項目に分けて詳細に説明しています。1)心構えと不採用の理由 2)必要とされる基本マナー 3)面接でよく聞かれる質問と返答例 4)面接官から「質問はありませんか?」と聞かれたら 5)退職手続き
https://cra-bank.com/mensetsutaisaku - CRAばんく
CRA(臨床開発モニター)への転職

臨床開発とは
臨床開発とは厚生労働省承認前の薬剤を患者や健康な人に投与(治験)して、有効性や安全性のデータを収集し、それらを資料にまとめて厚生労働省に申請して、医薬品としての承認を取得するまでの過程のことを言います。

臨床開発モニター(CRA)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験が適正に行われることを確保するため、治験の進捗がこの省令及び治験の計画書に従って行われているかどうかについて、治験の依頼をした者が実施医療機関に対して行う調査をいう」と規定されています。CRAは薬剤師、MR、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたることが多く、治験に関する治験契約、モニタリング業務、症例報告書チェック・回収、治験終了の諸手続きなどを行います。このモニタリング業務は新GCPの二大目的が達成されているかどうかを確認する、最も重要なものになります。

治験コーディネーター(CRC)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験実施医療機関において、治験責任医師または治験分担医師の下で治験に係る業務に協力する薬剤師、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者をいう」と規定されています。 CRCは看護師、薬剤師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたる事が多く、院長の承認を受け、治験依頼者(モニター)や医療機関内のスタッフ、治験責任医師、治験分担医師、治験薬管理者、検査部門担当者、医事課、病歴室スタッフ他ならびに、被験者との間を調整(コーディネート)する役割を担っています。

CRA(臨床開発モニター)への転職  -  CRAsearch(CRAサーチ)

PAGE
TOP