CRO業界ランキング

CRO業界のランキングを見てみるとイーピーエスとシミックの2社がCRO業界の大手2強を形成しているようだ。

イーピーエスはCRO業界を代表する企業であり、その特色は前臨床試験からPMS(製造販売後調査)まで、治験に関わるすべての業務を受託できる「フルサービス体制」を構築していることだ。特にDM(データマネジメント)サービス分野には定評がある。また、シミックは日本で初めてCROビジネスをスタートしたCROを代表するパイオニア企業で、近年はCMO・CSO・ヘルスケア・IPD事業へと事業領域を拡大し、医療・医薬にまつわるさまざまな分野を支援している。この2社は単体で従業員1000人以上、グループ全体で従業員5000人前後を率いるビッグカンパニーだ。

そして世界100カ国以上で展開し、従業員数は全世界で5万人以上の世界有数のメディカル関連企業である外資系CROであるIQVIAサービシーズジャパンを含めた3社がCRO業界の大手3強と言えるだろう。

この3社に共通することはCRO以外にも国内トップの地位の分野があることだ。例えばイーピーエスは国内トップシェアのSMOであるEP綜合を、シミックは国内トップクラスのSMOであるサイトサポート・インスティテュートをグループ内に持っている。また、IQVIAはCSO/MRのシェアでは国内1位だ。このようにCROランキングの上位3社はグループ内の相乗効果を活用することによって、国内の臨床開発分野で優位な地位に立っているのだ。

その3社を追いかけるのが外資系のパレクセル・インターナショナルと、国内系老舗のメディサイエンスプラニング、伊藤忠商事系のエイツーヘルスケアだ。 パレクセルは1982年に米国・ボストンに本社があるパレクセル社の日本法人である。パレクセルは世界800以上の顧客に医薬品・医療機器開発のサービスを提供し、世界の医薬品の売上トップ50のうち、実に45の医薬品の開発を手がけているグローバルCROである。国際共同治験が増える中で順調に業績を伸ばしている。メディサイエンスプラニングは1982年創業の日本における老舗的存在のCROで、最近はCSO/MR分野への進出し上位3社を追いかけている。エイツーヘルスケアは伊藤忠商事グループであるメリットを生かして展開している。

ここまでが6社がCRO業界ランキングの大手企業であると言えるだろう。

CRO業界の中堅に目を移すとコーヴァンス、新日本科学PPD、MICメディカル、リニカル、インテリム、アイコン、サイネオス、ACメディカル、CACクロア、DOTインターナショナル、エスアールディなどがある。

CRO業界ランキング - CRAsearch(CRAサーチ)
おすすめ

CRA(臨床開発モニター)・CROの求人・転職は《CRAばんく》

《CRAばんく》は臨床開発モニターの求人・転職に特化した「アンケート謝礼金」がもらえる求人サイト。大手CRO、中小CRO、製薬企業の求人まで幅広くカバー。年収査定、合格予想、応募書類添削、面接対策、口コミ情報なども充実!
https://cra-bank.com/ - CRAばんく

「CRO」とは?

CROとは、Contract Research Organization(開発業務受託機関)の略で、製薬企業が行う臨床試験を支援する組織です。CROの業務内容だけでなく、理解するために必要な「歴史」「将来性」「主な業務」「製薬会社・SMOとの関係」「主なCRO」を解説しています。
https://cra-bank.com/crotoha - CRAばんく - オススメの記事

「CRO」企業・業界ランキング

CRO(開発業務支援機関)企業の一覧をランキング形式でご紹介しています。「7大グローバルCROグループ」から「国内大手CRO」「領域特化型CRO」まで、海外国内CROの「従業員数」「CRA数」「拠点数」「資本金」「売上」などの特徴が分かります。
https://cra-bank.com/croranking - CRAばんく - 人気の記事

「製薬会社・業界」ランキング

医療用医薬品を対象とした画期的な新薬の開発を通じて、世界の医療に貢献してきた製薬企業約70社が加盟する任意団体、製薬協(JPMA)内における製薬会社のランキングです。
https://cra-bank.com/seiyakuranking - CRAばんく

CROが提供するサービス

医薬品開発において、CROが提供するサービスの概要を紹介します。
http://www.jcroa.or.jp/customers/service.html - 日本CRO協会

治験支援業種(CRO)

CRO(シー・アール・オー)は医薬品の開発において、製薬メーカーが行なう治験に関わる様々な業務の全てまたは一部を代行・支援する機関(通常は、企業)のことを言います。要するに、医薬品開発業務のアウトソーシング企業 です。
https://chikennavi.net/support/cro.htm - 日本CRO協会

CRO企業の中で、将来性のある会社はどこだと思いますか?

将来性のある会社は、内資大手C、E、M3と外資大手Q、Pの5社だと考えています。この理由は、CRO市場規模が1600億ほどであり、上記5社で市場規模の半分を占めているからです。特に私が注目しているのはM3です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10158069080 - Yahoo!知恵袋 - オススメの記事

CRO 止まらぬ市場拡大…今年は2000億円規模に

CRO市場の拡大が止まりません。CRAを中心に人員の増加も急ピッチ。大手への集約化が進み、外資も攻勢をかけています。
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/9603/ - AnswersNews
CRO業界ランキング

臨床開発とは
臨床開発とは厚生労働省承認前の薬剤を患者や健康な人に投与(治験)して、有効性や安全性のデータを収集し、それらを資料にまとめて厚生労働省に申請して、医薬品としての承認を取得するまでの過程のことを言います。

臨床開発モニター(CRA)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験が適正に行われることを確保するため、治験の進捗がこの省令及び治験の計画書に従って行われているかどうかについて、治験の依頼をした者が実施医療機関に対して行う調査をいう」と規定されています。CRAは薬剤師、MR、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたることが多く、治験に関する治験契約、モニタリング業務、症例報告書チェック・回収、治験終了の諸手続きなどを行います。このモニタリング業務は新GCPの二大目的が達成されているかどうかを確認する、最も重要なものになります。

治験コーディネーター(CRC)とは
厚生省令GCP第2条において、「治験実施医療機関において、治験責任医師または治験分担医師の下で治験に係る業務に協力する薬剤師、看護師、臨床検査技師、その他の医療関係者をいう」と規定されています。 CRCは看護師、薬剤師、臨床検査技師、その他の医療関係者があたる事が多く、院長の承認を受け、治験依頼者(モニター)や医療機関内のスタッフ、治験責任医師、治験分担医師、治験薬管理者、検査部門担当者、医事課、病歴室スタッフ他ならびに、被験者との間を調整(コーディネート)する役割を担っています。

CRO業界ランキング  -  CRAsearch(CRAサーチ)

PAGE
TOP